/

この記事は会員限定です

都の19年度予算、最高へ

五輪・パラで経費膨らむ

[有料会員限定]

東京都の2019年度予算案で、一般会計の総額が過去最高になる公算が大きくなった。これまでの当初予算では1992年度の7兆2314億円が最高だった。20年の東京五輪・パラリンピックを控え、関連経費が集中することで規模を押し上げる。

都が27日に発表した19年度予算案の財務局査定では、一般会計の総額が7兆3344億円になった。五輪・パラリンピック大会組織委員会がまとめた最新の総経費を踏まえるなどし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン