誇張されすぎ?ギグエコノミー

2019/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「仕事の未来」ともてはやされ、急速に広がっているとされる「ギグエコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を受注する就労形態)。配車サービス「ウーバー」の躍進が代表例だが、この「エコノミー」で働く労働者の規模の測定は難しく、米国のエコノミストは苦慮している。

米ウーバーテクノロジーズ設立の2009年ごろから約10年の間に、輸送・配車、売買、便利屋・専門サービス、賃貸、オンライン単純作業などのオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]