/

この記事は会員限定です

きしむ欧州(中)ドイツ既存政党の埋没顕著

「メルケル流」、対立軸 曖昧に 板橋拓己・成蹊大学教授

[有料会員限定]

12月7日、ドイツのメルケル首相は、18年間務めてきたキリスト教民主同盟(CDU)の党首を辞任した。首相としては任期の2021年まで続投すると表明しているが、今後の困難な道のりを考えると、メルケル時代の終わりはすでに始まったと言えよう。

画期は17年9月の連邦議会選挙だ。それから1年余りの間、首相としてもCDU党首としても、メルケル氏の求心力は急速にしぼんでいった。

まず選挙後の連立交渉が難航し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン