/

この記事は会員限定です

正月こそ休業 働き方改革

携帯販売店などに拡大 従業員の意欲向上優先

[有料会員限定]

人手不足を背景に、年末年始の休業を拡大する動きが様々な業種に広がっている。NTTドコモなど携帯大手の販売店や住宅大手は、非効率だった営業体制を見直す。年末年始に一定の売り上げが見込める外食や小売りも、働き方改革を優先し休業日を増やす。過剰なサービスを見直す流れが続くかどうかが、サービス業の生産性向上に向けて問われそうだ。

NTTドコモの携帯販売店「ドコモショップ」は元日に加え、大みそかか1月2日の計2日間を休...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン