2019年7月18日(木)

外国人との共生、道遠し 上級論説委員 水野裕司

2018/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が外国人労働者の本格的な受け入れにカジを切った。欠かせないのが日本語習得や医療など生活面の支援だ。126項目からなる「総合的対応策」が決まったが、見落とされている問題や対策が大ざっぱな部分は少なくない。日本社会に外国人が溶け込んでもらう「社会統合」の道のりは長い。

生活支援で最も重要なのが日本語の学習環境の整備だ。2019年春に新設する在留資格「特定技能1号」の取得には一定の日本語力が求めら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。