2019年7月20日(土)

対米90日協議 「合意可能」3割どまり 技術移転交渉は難航

2018/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【香港=木原雄士】エコノミストの間で、米中が90日の期限を設けて進める貿易や構造問題の協議を巡っては見方が割れた。「合意し米が追加関税を見送る」と予想したのは有効回答の3割にあたる5人にとどまり、「合意せず米が追加関税を課す」が4人、「交渉延長」との見立ても5人いた。

「合意せず」と予想した大和証券の頼志文氏は「米国が要求する構造的な変化を中国がのむのは難しい。中国が独自の経済モデルを捨てると政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。