/

この記事は会員限定です

新薬開発に巨費、経営資源を集中

[有料会員限定]

大衆薬の再編ラッシュの底流にあるのは、薬を「開発」する機能と「汎用品を製造する」機能とに分化していく流れだ。今はその途上にある。

製薬大手はこれまで、既存技術で開発した新薬の成分を使い、特許が切れたら大衆薬に転用してきた。技術の中心は長らく、物質を人工的に合成してつくる「低分子」技術だった。

ところが技術の中心が急速に、治療の効果が見込まれる遺伝子組みかえなどを活用したバイオ分野へと移っている。開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン