/

この記事は会員限定です

大衆薬、進む世界再編

英GSK、ファイザーと事業統合 大正HD、米BMS子会社買収

[有料会員限定]

世界で大衆薬事業の再編ラッシュが続いている。英グラクソ・スミスクライン(GSK)が19日、米ファイザーとの事業統合を発表。同じ日に、同事業で日本最大手の大正製薬ホールディングス(HD)が米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)のフランス子会社買収を決めた。何が起きているのか。

「(抗炎症剤など)主要な分野で優位に立てる」。GSKのエマ・ウォルムズリー最高経営責任者は事業統合に関する説明会でこう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン