GMO、仮想通貨で355億円特損 12月期 「採掘装置」撤退

2018/12/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

昨年の仮想通貨ブームに乗った企業の積極投資が裏目に出ている。GMOインターネットは25日、2018年12月期に仮想通貨のマイニング(採掘)関連事業で約355億円の特別損失を計上すると発表した。仮想通貨の可能性に懸けて採掘(マイニング)装置の自社開発に取り組んできたが、市況低迷で装置を一度も販売することなく撤退を決めた。

昨年参入した自社の採掘事業でも採算が悪化し、大幅な損失の計上を余儀なくされた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]