/

この記事は会員限定です

シャープ、半導体事業を分社へ

「8K」「IoT」支える成長の核

[有料会員限定]

シャープは来春をメドに半導体事業を分社する方針だ。高精細の映像技術「8K」やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を成長戦略の核に据える同社にとって半導体は最重要分野の一つ。最先端品の開発力強化が急務となっているため、分社で機動力を高め、親会社の鴻海精密工業グループなど他社の経営資源を取り込みやすくする。

シャープは福山事業所(広島県福山市)を中心に展開する「電子デバイス事業本部」を本体から切り出して事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン