/

この記事は会員限定です

アルミ調達価格17%安

1~3月、日本の商社など 中国の需要減で

[有料会員限定]

海外の資源大手と日本の商社やメーカーが交渉していたアルミニウム地金の2019年1~3月期調達価格が引き下げで大筋決着した。前四半期に比べ17%安い。米中貿易戦争で世界最大の消費国中国の需要は減退気味だ。新興国通貨の下落でアジア域内への輸出も増え、不足感が薄らいだ。

アルミの輸入費は国際指標のロンドン金属取引所(LME)の先物価格と、これに上乗せする割増金(プレミアム)で構成する。今回、大筋で決まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン