/

この記事は会員限定です

介護 人材確保へ給与上げ

[有料会員限定]

介護分野への国の負担は3兆2301億円となり、2018年度当初予算と比べ3.7%増加すると見込んだ。伸び率では医療や年金を上回り、今後も高齢者の増加で介護の費用は拡大が避けられない。介護人材の確保を進める必要もある。効率化や膨張を抑制する観点が不可欠だ。

介護業界の人手不足は深刻で、有効求人倍率は近年ほぼ一貫して3倍を上回る状態が続く。政府はこれまでも処遇改善を実施してきたが、それでも人材が集まら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン