/

この記事は会員限定です

科学技術 AI開発に重点

[有料会員限定]

科学技術に関係する予算では、人工知能(AI)の開発などに新規で30.4億円を確保した。2021~22年の運用開始を目指すスーパーコンピューター「京」の後継機の開発には前年度比76%増の99億円を付けた。AIやスパコンは、気象予測から新薬開発まで幅広い分野に不可欠な基盤技術となっている。

19年度は若手研究者の育成に力を入れたのも大きな特徴の一つだ。基礎研究を推進するため、大学の研究者らに配る科学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン