災害対応 堤防かさ上げ120カ所

2018/12/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

西日本豪雨や北海道地震など相次ぐ自然災害を受けて、政府は2020年度までに取り組む重要インフラの緊急対策をまとめた。空港の浸水対策や河川の堤防強化、病院の非常用電源の整備など計160項目に及ぶ。

河川関連では国や都道府県が管理する約120カ所で堤防のかさ上げなどを実施する。決壊により深刻な人的被害が生じる恐れがある地域を重点的に選んだ。都道府県の管理分では、徳島県が5河川で最も多く、長野県の4河…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]