/

この記事は会員限定です

東京原油が年初来安値

景気減速で需要鈍化 警戒

[有料会員限定]

東京商品取引所の原油先物が年初来安値を更新した。21日の清算値(期先)は1キロリットル3万6980円と前日比1250円(3%)下がり、1年3カ月ぶりの安値をつけた。景気減速で需要が鈍るとの警戒感に加え、日経平均株価の続落を受けてリスク回避の売りが先行した。

「金融市場を含めてリスクオフの姿勢が強い。年末でポジシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り157文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン