ゴーン元会長の会社「私物化」にメス 3回目逮捕、保釈間近から局面一変

2018/12/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)による「会社の私物化」疑惑に21日、検察の捜査が及んだ。自己の損失で日産に被害を与えた3回目の逮捕容疑により、これまでの報酬過少記載事件とは構図が一変。カリスマ経営者の「個人犯罪」の疑いが鮮明になった。保釈間近から一転して勾留がさらに長期化する中、ゴーン元会長と検察側の攻防は一段と先鋭化し、日産とルノーの経営を巡る主導権争いにも影響を与えそうだ。(

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]