/

この記事は会員限定です

深刻な日本のIT人材不足

慶応義塾大学教授 土居丈朗

[有料会員限定]

年末を迎え、来年の改元が近づき新たな時代に対する期待が高まる。

今後、AI(人工知能)やロボットに代表されるように、我々の労働や生活に占めるかなりの部分が、データ量を基礎としたコンピューティングパワーにより自動化されることは確実と見通すのは、慶応義塾大学教授の安宅和人氏(Voice1月号)。日本はデータの量と人材が少なすぎると持論を展開する。日本では電気代などの処理コストが極めて高く、規制だらけで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン