/

この記事は会員限定です

改正著作権法、来月施行 「許諾無し利用」範囲拡大へ

AIビジネスなどしやすく

[有料会員限定]

2019年1月に施行される改正著作権法で、デジタルサービスや人工知能(AI)開発に際して、一定の要件を満たせば権利者の許諾がなくても著作物を利用できる新ルールが導入される。著作権が本来保護する対象に影響を及ぼさない範囲で、より自由に利用できるようになるが、不当な権利侵害を助長しないか懸念する声もある。

改正法はデジタル化を踏まえ、産業界が著作物をより円滑に利用できるよう権利者の許諾が不要な範囲を拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン