/

この記事は会員限定です

和歌山 九度山・真田ミュージアム

幸村の勇猛ぶり 企画展示で紹介

[有料会員限定]

高野山の山麓にある和歌山県九度山町。戦国武将、真田幸村が大坂の陣までの14年間、蟄居(ちっきょ)していた地だ。幸村関連のイベントや史跡で街おこしをしており、幸村の業績を振り返る「九度山・真田ミュージアム」が観光の中心の一つとなっている。

建物は武家屋敷をイメージした白壁の純和風造り。平屋建てで延べ床面積は592平方メートルだ。九度山町が3億9000万円を投じて建設、2016年にオープンした。真田十...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン