/

この記事は会員限定です

日航にきょう事業改善命令 国交省

操縦士の飲酒問題受け

[有料会員限定]

航空会社のパイロットが飲酒の影響で乗務できないケースが相次いだ問題で国土交通省は20日、日本航空に対し航空法に基づく事業改善命令を出すことを明らかにした。飲酒問題で航空会社に事業改善命令を出すのは初めてで、21日に同省で赤坂祐二社長に伝える。全日本空輸とグループ会社のANAウイングス、スカイマークの3社には同日、厳重注意する。

大阪航空局も管轄下にある日航系の日本エアコミューターに厳重注意する。飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン