/

この記事は会員限定です

大塚家具、中国大手と業務提携へ

資本関係視野

[有料会員限定]

経営再建中の大塚家具は20日、中国家具販売大手の居然之家(北京市)と業務提携する方針を固めた。同社は「居然之家」(イージーホーム)のブランド名で知られ、資本提携も今後、視野に入れる。中国の居然之家の店舗で、大塚家具の商品を取り扱ってもらい、販売拡大につなげる。大塚家具は経営の立て直しを狙い、今夏以降、提携する企業を国内外で探していた。

居然之家は中国全土に約220店(2017年末時点)を持つ。年間売上高は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン