2019年1月22日(火)

日本、IWC脱退へ 政府方針、商業捕鯨の再開めざす

2018/12/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は20日、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めた。25日の閣議で正式決定し、来年6月末をもって脱退する。反捕鯨国との意見対立から、日本が目指す商業捕鯨再開のメドが立たないためだ。脱退で日本の領海や排他的経済水域(EEZ)内での商業捕鯨の再開を目指す。ただ日本が国際機関から脱退するのは極めて異例で、国際社会から批判が出そうだ。

関連記事総合1面に

商業捕鯨が再開されれば1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報