FRB議長、来年利上げ停止も

2018/12/20付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は19日、2019年の利上げペースを減速する方針を表明した。パウエル議長は「幾分、景気鈍化の予兆がある」と述べ、19年中に利上げを停止する可能性も示唆した。ただ同日の会合では年4回目の利上げを決定。強弱が入り交じる政策判断に、金融市場は「株売り」で応えた。

「18年は強い1年だった。19年も潜在成長率を上回る2.3%の成長を予想している」。記者会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]