日本の労働生産性は米の7割 1時間47.5ドル、先進国で最低続く

2018/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本生産性本部は19日、労働生産性の国際比較を発表した。2017年のデータから算出した日本の1時間あたりの労働生産性は47.5ドル。働き方改革による労働時間短縮の効果で16年に比べると1.4%上昇したものの、先進7カ国(G7)のなかでは1970年以降、最下位の状況が続いた。72.0ドルだった米国の7割弱の水準だ。

日本生産性本部は「機械化や人工知能(AI)の活用などを日本の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]