/

この記事は会員限定です

ファーウェイ・胡輪番会長 製品締め出し「証拠ない」

安全性対策に2200億円

[有料会員限定]

【深圳=多部田俊輔】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の胡厚崑(ケン・フー)副会長兼輪番会長は18日、日本経済新聞社などとのインタビューに応じ、安全保障上の懸念から欧米や日本で同社製品を締め出す動きが広がっていることについて「証拠がない」と反論した。一方で、次世代通信規格「5G」時代をにらみ、5年間でサイバーセキュリティー分野に20億ドル(約2200億円)を投じると発表した。(関連記事総合1面に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン