/

この記事は会員限定です

〈金融取材メモ〉「暗号資産」と改称のワケは

金融庁、仮想通貨に苦悩

[有料会員限定]

金融庁が仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。20カ国・地域(G20)会議などで使われる国際標準に表現を統一するのが表向きの理由だ。改正資金決済法に基づいて仮想通貨の交換業者に登録制を始めてから1年半あまり。世界に先駆けて仮想通貨の育成と規制の両立をめざしたが、ハッキングによる消失やマネーロンダリング(資金洗浄)対策の不備など問題が噴出。金融庁が仮想通貨にお墨付きを与えたとの印象も持たれた。「暗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン