/

この記事は会員限定です

元号の公表日、年明け判断

政府、4月想定を維持 システム改修など考慮

[有料会員限定]

政府は2019年5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴う改元に向け、新元号をいつ公表するか年明けに判断する方針だ。国民生活への混乱を避けるため即位日から1カ月前の4月1日以降の事前公表を想定して準備を進める。自民党の保守派は即位日当日に公表するよう求めているが、公表時期を事前に示すことで改元に伴う官民のシステム改修などを進めやすくする。

元号法は元号について「政令で定める」「皇位の継承があった場合に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン