/

この記事は会員限定です

欧州、デジタル課税の波

仏が来月導入、IT大手に網 国際ルールに米中反対

[有料会員限定]

欧州各国で大手IT(情報技術)企業に対する「デジタル課税」の導入が広がっている。英国に続き、フランスが17日、2019年1月からの導入を発表した。米グーグルなどは欧州でも国境をまたいで莫大な利益を稼ぐ一方、各国での納税額が少ないとの不満が強い。国際的な課税ルールの見直しも進むが、米国などの反対で作業は遅れており、しびれを切らす国が増えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン