/

この記事は会員限定です

個人との取引にも独禁法

政府、IT大手規制へ基本原則 データに「金銭価値」

[有料会員限定]

政府は18日、プラットフォーマーと呼ばれるIT(情報技術)大手の規制に関する基本原則を公表した。個人情報などのデータを「金銭と同じ価値」があるとみなして独占禁止法の運用範囲に事実上含め、企業から個人への「優越的地位の乱用」の適用を検討する。M&A(合併・買収)ルールの厳格化なども盛り込んだ。ただ、法解釈などを巡り課題は多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン