/

この記事は会員限定です

国立劇場12月公演

復活上演、今後へのよき指針

[有料会員限定]

例年12月の国立劇場は吉右衛門が初代ゆかりの狂言を演じる。今回の「増補双級巴(ふたつどもえ)」は石川五右衛門を主人公とする狂言の中でも11月に歌舞伎座で演じた「楼門(さんもん)五三桐」と共に知られ吉右衛門も再三演じているが、今回の序幕「壬生村次左衛門内」は初代以来70年ぶり、発端「芥川」の復活と合わせ今回の上演台本は今後へのよき指針となろう。

また大詰「五右衛門隠家(かくれが)」と「藤の森明神捕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン