2019年1月17日(木)

高木美、安定感示す スピードスケート 1000メートル2位、4戦で3度目 「いいレースできた」

2018/12/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ヘーレンフェイン(オランダ)=共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦最終日は16日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子1000メートルは高木美帆(日体大助手)が1分13秒93で2位に入った。世界記録を持つ小平奈緒(相沢病院)は5位。ブリタニー・ボウ(米国)が優勝した。

今季W杯の4戦全てに出て、1000メートルは3度目の2位。平昌五輪で銅メダルを獲得した種目で、高木美が安定し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報