/

この記事は会員限定です

消費増税対策、評価は実施後 世論調査

「やり過ぎ」「適切」「不十分」拮抗

[有料会員限定]

日本経済新聞社の14~16日の世論調査では、政府が2019年10月の消費税増税に合わせて実施する対策の評価が割れた。「やり過ぎだ」が31%、「適当だ」が31%、「不十分だ」が27%だった。プレミアム付き商品券やキャッシュレス決済時のポイント還元などの実施は9カ月以上先で現時点で判断しにくいとみられる。ポイント還元は反対が60%で、高齢世代で賛成が少なかった。(1面参照

政府は来年の消費税増税の際...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン