伊藤忠が次世代電池 米スタートアップに出資

2018/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

伊藤忠商事は次世代型リチウムイオン電池とされる「半固体電池」事業に参入する。同電池は生産コストが低いのが特長。技術開発する米スタートアップ企業に出資し、製造業向けの営業を請け負う。伊藤忠は自社で家庭向けの蓄電池販売も手掛けており、電池調達を安定させる狙いもある。

リチウムイオン電池を研究開発する24Mテクノロジーズ(米マサチューセッツ州)に数億円を出資した。同社は半固体電池の開発技術を持ち、試験…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]