/

この記事は会員限定です

土鍋

家族をつなぐ力秘める

[有料会員限定]

年末年始にかけて、鍋料理を囲む機会が増えますね。大勢でにぎやかに鍋を囲み、温かいものを好きなように食べ、お酒も進む。作る側にとっても材料をぬかりなく準備しておけば、後は必ず誰かが「鍋奉行」を買って出てくれ、手間がかからない。この季節には最高の料理である。

土鍋の利用は1万年前の縄文時代早期、尖底(せんてい)深鉢形土器での煮炊きから始まるが、中世から近世にかけても庶民は素焼きの土鍋で煮物をし、囲炉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン