社員の離職 どう防ぐか?
定着促進策の研究 盛んに 若林直樹・京都大学教授

2018/12/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業は人材採用を活発化させているものの、若手世代を中心とした離職率の相対的な高さは続いている。図のように、中高年世代に比べて若手世代の離職率が2倍以上も高いことは、内部の生え抜きを重視する日本的人事管理では、将来的にコア(中核)人材の不足をもたらし、事業発展の制約となる。

そもそも離職率の高さは、会社の競争力の伸び悩み、業績拡大の制約、顧客満足の低下につながりやすい。ただ、離職研究の百年を回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]