/

この記事は会員限定です

〈日本版司法取引〉弁護士「活用を」8割

企業「情報収集中」多く

[有料会員限定]

6月に導入された日本版司法取引制度にいかに臨むかを聞いたところ、企業と専門家である弁護士で温度差があることが分かった。活用する考えを持つ企業が4割だった一方、活用すべきだと考える弁護士は8割に達した。司法取引がとくに有効と考える罪名については「独占禁止法違反」が企業、弁護士ともに7割を超えた。

日本版司法取引(協議・合意制度)は、他人の犯罪の解明に協力する見返りとして自らの刑事責任の減免を受けられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン