大企業製造業の景況感横ばい
日銀12月短観、災害復旧需要で 先行きは不透明感強く

2018/12/14付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日銀が14日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)は4期ぶりに下げ止まり、前回9月調査から横ばいのプラス19だった。今夏の自然災害後に復旧需要が生まれたことに加え、原油価格の下落が素材業種の景況感を押し上げた。ただ、米中貿易戦争の影響が出てきており、先行きの不透明感は増している。(関連記事総合面に)…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]