/

この記事は会員限定です

日米欧、資金供給1200兆円増

米金融危機後、規律緩む副作用も

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)に続き、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和の終了を決断したことで、増え続けてきた中銀マネーが縮小に転じる可能性がある。米金融危機後、日米欧中銀の資金供給は10兆ドル強(約1200兆円)増えた。この結果、世界の経済・市場は「緩和頼み」に染まり、金融政策を正常化する過程では思わぬ余波が広がる恐れがある。

金融危機前に3.5兆ドルだった日米欧の資金供給額は現在、14兆ドル超に膨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン