/

この記事は会員限定です

新幹線、空路と競争再び

30年度開業、東京―札幌5時間も

[有料会員限定]

JR東日本は12日、最高時速360キロメートルの次世代新幹線を公開した。ターゲットは2030年度に開通する東京―札幌間で、移動時間は4割近く短くなる見込みだ。北陸新幹線によって鉄道の利用者シェアが航空便を逆転した東京―金沢間のように、再び巻き起こる空と陸のバトル。19年5月に試験走行を始める予定で、もう号砲はなっている。

現れたのは、流れるように滑らかな造形の車両だった。JR東が12日、神戸市で公開した次世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン