/

この記事は会員限定です

仮想通貨埋まらぬ「穴」

交換会社の半数に安全性欠陥 不正流出で顧客離れ

[有料会員限定]

仮想通貨交換業を手がけていた「マウントゴックス」が約480億円の仮想通貨を流出させてから4年余り。投機マネーが流れ込み、世界の仮想通貨の時価総額は2018年初に8300億ドルを超えた。だがマウント社の流出事件後もハッキングが止まらず、安全性の穴は埋まっていない。信頼回復の道のりは遠く、時価総額はピーク時の8分の1に縮小した。

情報サイト、コインマーケットキャップによれば、12日午後5時時点で世界の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン