インフルエンザ、県内で流行期 昨年に比べ2週間遅く

2018/12/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

千葉県は12日、県内がインフルエンザの流行期に入ったと発表した。定点観測している医療機関(215カ所)の患者数が12月3~9日の週に平均2.43人となり、流行開始の目安となる1人を上回った。県は感染拡大を防ぐため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]