/

この記事は会員限定です

山形大と伊勢化学、次世代ディスプレー材料 ヨウ素使い製造へ

[有料会員限定]

山形大学は次世代ディスプレー材料の製造法を考案した。ヨウ素製造最大手の伊勢化学工業と実用化に向けた研究開発を進める。材料の一つに日本がチリに次いで世界2位の産出量を持つヨウ素を活用する。色の再現性などをさらに高めた次世代ディスプレーの開発につなげる。

有機ELに次ぐ次世代発光源として注目されるペロブスカイト量子ドットという粒子の製法について、このほど科学技術振興機構(JST)の支援事業に採択され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン