無人トラクター、井関農機も 大手3社出そろう 普及へ低価格化カギ

2018/12/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

井関農機は12日、ロボットトラクターを同社として初めて発売したと発表した。人が現場で監視していれば無人で作業できる。クボタやヤンマーは既に無人トラクターを発売しており大手3社が出そろった。高齢化などで農業の熟練技術を持つ人の確保は難しくなっており、関連メーカーは省力化技術を競っている。

井関農機が発売したのは全地球測位システム(GPS)などを活用したロボットトラクターだ。価格は約1300万円と標…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]