2019年6月19日(水)

首都圏アグリファーム、狭山茶ブランド 付加価値高める
「ほうじ茶」など投入

2018/12/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

遊休農地を活用して茶葉を生産する首都圏アグリファーム(埼玉県入間市)が狭山茶のブランド強化に力を入れている。これまでは大手飲料メーカー向けの生産が中心だったが、11月から香り豊かな一番茶(新茶)で仕上げたほうじ茶を発売。2019年度にも抹茶の商品開発に乗り出す。付加価値の高い商品を増やし、生産拡大や雇用創出につなげる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報