/

この記事は会員限定です

食品包装フィルム増産、四国化工が新工場

強度高め 緩衝材不要に

[有料会員限定]

プラスチックフィルム製造の四国化工(香川県東かがわ市)は30億円を投じ、新工場を建設する。食品を真空パックする際に使うフィルムを製造するほか、医療用フィルムも生産する拠点として2019年11月の稼働を目指す。新工場の稼働によって全社的な生産能力を現状に比べ1割引き上げる。

新工場は東かがわ市の西山工業団地内に建設する。2階建てで、延べ床面積は9800平方メートル。現在、同市内に本社工場、横内工場、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン