/

この記事は会員限定です

三井住友信託銀、不動産取引にブロックチェーン実証実験

[有料会員限定]

三井住友信託銀行は情報改ざんを防ぐ技術「ブロックチェーン」を不動産の取引に使う実証実験を始める。主に都市部のオフィスビルを対象に賃料や空室率、メンテナンスの状況などを書き込み、売買に生かせるようデータを充実させる。物件の透明性を高め、取引の活性化につなげる。

ブロックチェーンは売買取引や契約内容の記録を関係者で共有する技術で、仮想通貨を支える基盤にもなっている。実験の期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン