/

この記事は会員限定です

顧客起点へ改善迫る

金融庁、金融機関ごとに成績比較

[有料会員限定]

投資信託の低迷は個人投資家への逆風を強める。低金利が長引くなか資産形成を実現する重要なツールだが、主力の投信がなければ投資そのものが広がりにくい。平均寿命が延びる「人生100年時代」を迎え、老後を見据えた長期の資産形成は不可欠だ。商品設計だけでなく販売方法も含めた顧客起点の金融サービスへの脱却が改めて求められている。

金融庁は6月、投信を販売する銀行や証券会社に共通指標の策定を求めた。顧客の損益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン