/

この記事は会員限定です

山梨県、南アなど登山届提出 努力義務に

遭難多発、安全確保へ 罰則なく効果に疑問も

[有料会員限定]

山梨県は富士山や南アルプスなどの登山者に対し、10月20日から登山計画書(登山届)の提出を努力義務化した。遭難が多発しているためで、2019年12月からは厳冬期に限り義務化する。ただ、提出をしなくても罰則はなく、効果を疑問視する声も出ている。

登山届は氏名、住所、緊急連絡先のほか、登山ルートや装備を記入する。スマートフォンの専用サイトなどを通じ提出でき、遭難時には捜索の手がかりになる。従来提出は任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン