/

この記事は会員限定です

中国、月の裏側へ探査機

打ち上げ成功、世界初着陸狙う

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】世界で初めてとなる月の裏側への着陸をめざす中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」の打ち上げが成功した。中国の宇宙開発は昨年、ロケット打ち上げ失敗で停滞したが、世界で初めての月の裏側への着陸が実現すれば、習近平(シー・ジンピン)最高指導部がめざす米国に次ぐ「宇宙強国」の実現に向けて大きな一歩を進めたことになる。

中国国営の新華社によると、四川省の西昌衛星発射センターが8日午前2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン