/

この記事は会員限定です

車購入時、税率1%軽減 政府・与党、増税後1年限り

保有税、最大年4500円減

[有料会員限定]

政府・与党が2019年10月の消費増税に伴う対策として検討していた自動車関連税制の見直しが固まった。車を持つ人に毎年かかる税金を最大で年4500円減税するほか、車を買うときに支払う税負担も増税後1年間は軽くする。いずれも増税後に新たに買った車が対象。保有税の減税規模は総額約1300億円となり、購入時負担の軽減には500億円程度の国費を投入する。19年度の与党税制改正大綱に盛り込む。

現在、車を購入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン